住宅ローン控除の条件について


取得しようとしている住宅の特徴や工事の内容によっても条件があります。長期優良住宅や低炭素住宅など指定がされています。
住宅ローンの控除を受けるには、いくつかの条件を満たしていないと受けることができません。今組もうとしているローンが控除の適用範囲内となるのかどうか、事前にきっちりおさえておきましょう。一戸建てやマンションなどの住宅を取得した家計には負担が生じますが、住宅ローン控除はこの負担を軽減することを目的としています。軽減対象を指定する際、なるべく平等となることが念頭に置かれた条件が設定されています。条件の1つ目は年間所得です。控除を受けるには、これが3,000万円以下でなければなりません。1年に3,000万円以上の収入がある家計の場合には住宅ローン控除による減税を受けられません。ローン控除の条件の2つ目は、取得から6ヶ月以内に入居をすませることです。また、取得した年の年末まで入居しているかどうかもチェックされます。つまり、その住宅にきちんと住んでいるかを見るわけです。住宅ローン控除の条件には、住宅ローンの返済期間が最低でも10年以上でなければなりません。対象となるローンの返済が10年以内にすんでしまうようなものの場合、住宅ローン控除を使うことはできません。複数の相手から借金をしているかどうかは、控除の条件としては問題ありません。そして、資金を借りる際に支払う金利ですが、無利子であったり年利1%に満たないような融資の場合、条件に当てはまらず住宅ローンの控除を受けられません。このように控除には細かい条件がいろいろありますので、住宅ローンを組んでしまってから後悔することのないように、ローン控除の条件は前もって調べておきましょう。






ダイエットドリンクの利用